阿弥陀三尊像

阿弥陀三尊像

浄土信仰のひろまりとともに、當間曼荼羅などが西方極楽浄土を描き、

平安時代には「現世に出現した極楽浄土」といわれた平等院がさらに浄土信仰を助長した。

この像も西方極楽浄土から観音菩薩と勢至菩薩を伴い、極楽へ導いてくれる阿弥陀如来三尊像である。


注意書き ディスプレイ・写真により色が異なりますので実物を肉眼で見た時のが本当の色とします

                                           説明文と写真が異なるときは問い合わせにより解説した方を正とします