観世音菩薩来迎図

観世音菩薩来迎図

地域や時代を問わず、救いのほとけとして観音さまの人気は抜群である。 

法隆寺の救世観音や百済観音、薬師寺の聖観音立像もそうである。 

観音が主役になる「法華経」や「般若心経」は、人びとに最もよく親しまれた経典で、より観音信仰を発展させた。 

その浄土は南方に位置する補陀洛山という。 (来迎の向きが左に進む)


注意書き ディスプレイ・写真により色が異なりますので実物を肉眼で見た時のが本当の色とします

                                           説明文と写真が異なるときは問い合わせにより解説した方を正とします