ターラー菩薩

ターラー菩薩

 チベット仏教では、さまざまな女性の仏(仏母)や女性の菩薩(女菩薩)が崇拝されている。

 ターラー菩薩は、観音の救済の手から漏れた者をも救う美しい女尊として篤く信仰される。   

 特にチベットでは圧倒的な信仰をうけ、優美な像が数多く作られており、左手に持つ蓮華が観音とのつながりを示し、

 右手は願いを聞き届けようという慈悲を象徴している。

注意書き ディスプレイ・写真により色が異なりますので実物を肉眼で見た時のが本当の色とします

                                           説明文と写真が異なるときは問い合わせにより解説した方を正とします