阿弥陀・無量光

阿弥陀・無量光

西方浄土で衆生を救う

大乗仏教の時代のインドで、人々は釈迦に対するイメージを変化、発展させ幾多の仏を生んだ。

その仏のなかでも最もよく知られたのが阿弥陀仏である。 

チベットでは阿弥陀は、伝統的な仏としての無量寿と、密教的な仏としての無量光として2種の姿で受け取られた。 

無量寿と違い無量光は髪飾りや衣をまとっている。

注意書き ディスプレイ・写真により色が異なりますので実物を肉眼で見た時のが本当の色とします

                                           説明文と写真が異なるときは問い合わせにより解説した方を正とします