「勝楽」チャクラサンバァラ

「勝楽」チャクラサンバァラ

四面十二臂の楽勝尊 (守護尊)

女神崇拝の影響を受けた秘密仏

 五本の右手で金剛杵、太鼓,斧、刀、三叉戟を持ち、五本の左手で鈴、髑髏杖、

血の満たされた頭蓋骨杯、羂索ブラフマー神の頭を持つ。

そして残りの右手で像皮をはおっている。人間の生首をつなげた首飾りをかけ、二本の足で、ヒンドゥー教の二神を踏みつけている。

注意書き ディスプレイ・写真により色が異なりますので実物を肉眼で見た時のが本当の色とします

                                           説明文と写真が異なるときは問い合わせにより解説した方を正とします