「時輪タントラ」曼荼羅

「時輪タントラ」曼荼羅

インドの伝統を忠実に受け入れたチベットの曼荼羅。

平面的に書かれているが実は立体で、宇宙の中に風、火、水、地の元素に須弥山、蓮華、月輪、日輪などが乗り、

その上に仏たちの住する楼閣がある。これを上から見た鳥瞰図である。

注意書き ディスプレイ・写真により色が異なりますので実物を肉眼で見た時のが本当の色とします

                                           説明文と写真が異なるときは問い合わせにより解説した方を正とします